フランシスへのお問い合わせ

商品カテゴリー

薪ストーブの使い方 薪ストーブの燃焼方式について
薪・燃料について
薪ストーブ設置プランと施行について
薪ストーブ・火の付け方
薪ストーブの燃料作成・薪割斧について
薪ストーブでの煙突の重要性
薪ストーブメンテナンスについて
煙突掃除のご案内
薪ストーブ、煙突の交換・リフォームについて
薪ストーブ設置までの流れ
薪ストーブ用語集

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

千葉,薪ストーブ

フランシスでお勧めする、優れものの「斧」の紹介です。

刃物といえばドイツ。中でもゾーリンゲンといえば、ナイフや包丁などで有名な地方です。
その中でもゾーリンゲンの隣町である、ヴっパータールはドイツ工業の骨格をなすルール工業地帯南部を流れるヴッパー川沿いに位置する人口約36万人の工業都市です。
ルール工業地帯から良質な鉄の供給を受けて、各種工業だけではなく化学、製薬など基幹産業が数多く、職人の町として内外に名をはせています。町の名物は世界最古のモノレール。100年以上の歴史をはぐくんできた。小さな事故が5件のみという技術力は驚嘆すべきことだろう。

川を利用した良質な鉱石の運搬+良質の石炭などにより、高品質の「鋼」がルールで生産できたことが近隣の優れた刃物を生み出した。

160年の歴史をつむいできたHelko社の名前の由来はヘルスパー氏とコットハウス氏(共同経営)両名のイニシャルを組み合わせたものである。

斧といえば刃先に目が行きがちだが、柄の部分にもこだわりがある。
振り下ろした斧にかかる衝撃は、まき割りをしたことがあればご存知だろう。
その衝撃に耐えつつ、手に伝わる衝撃を和らげるという相反する特性を持たなくてはいけない。
ほとんどの斧に使われている柄はヒッコリーの心材が使われている。

良質な素材とこだわりの職人魂、歴史、多くの物語がこの斧の優れた点を物語っているだろう。

Heritageシリーズ

刃に厚みと重みがあり、長い柄から繰り出す破壊力はまさに太い丸太からの薪割りに最適です。刃は職人により一つ一つ手作業により鋭く磨かれており、プレミアムな逸品です。

Vario2000シリーズ

トマホークのシステムを導入しつつ柄に木材を用いて従来の斧の風合いを維持した良いところを組み合わせたです。金属のプロテクターを利用して木材の柄では防止できなかった緩みを解消しました。

クラシックラインシリーズ

シンプルイズベストという言葉がぴったりなです。使うことをためらう美しさ。熟練職人のイニシャルが刻印されたヘッドは鏡面仕上げ。グリップには「モーゼル社」との提携した技術によるモールドが施されています。美術品といえる逸品です。

越乃火匠久八

越乃火匠久八の斧は刃先は鋭く、木口にしっかり食い込み楽に割れ、滑らかで美しい柄は
抜群のグリップ力を発揮します 。

そのほか

斧では割れない切り株もスプリッティングウエッジなど「くさび」を使うことで割ることが出来ます。ハンマーやシャープナーもそろえておくと便利です。どの斧が最適なのか迷ったら、ご相談ください。

メンテナンス

私たちは、薪ストーブ用の薪割り斧のメンテナンスも承ります。
磨きや研ぎなど遠慮無くご相談ください。画像クリックで問い合わせフォームに飛びます。

斧メンテナンス

 

ご購入はこちらからどうぞ。


Google+
google+

Yahoo!ブックマークに登録 フランシススタッフブログ
補助金について
薪ストーブと癒しの関係
計画停電対策
プロの煙突掃除
メディアリンク フランシス
オーナーズクラブ 薪ストーブ フランシス
地震が来たら点検をしましょう。
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引に関する法律

ログイン

このページのTOPへ
Google+Copyright(C)2011 fransis.jp All rights reserved.
このサイトに記載されているコンテンツの無断複製、無断転載を禁じます。