フランシスへのお問い合わせ

商品カテゴリー

薪ストーブの使い方 薪ストーブの燃焼方式について
薪・燃料について
薪ストーブ設置プランと施行について
薪ストーブ・火の付け方
薪ストーブの燃料作成・薪割斧について
薪ストーブでの煙突の重要性
薪ストーブメンテナンスについて
煙突掃除のご案内
薪ストーブ、煙突の交換・リフォームについて
薪ストーブ設置までの流れ
薪ストーブ用語集

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

薪ストーブ 火のつけ方

薪ストーブを利用したことがない方もこれから使う方も、薪に火をつけるのが難しいとおもっていませんか
きちんと手順を踏めばだれでも着火できますよ。

焚付けのコツは上手な薪の積み方、そして乾燥した薪です。

まず火のつきやすい細い薪または、ファットウッド等と新聞紙を用意します。この薪の下に着火剤を入れておけば、さらに火を付けやすくなります。

それらを空気がよく通るような円錐型あるいは井桁に組み、火をつければ上手に燃え上がります。ある程度火がついてきたら、太い薪を入れます。

キャタリティックコンバスター(触媒)を使った薪ストーブでは、30分ほど燃やして、触媒の温度が250℃以上になった時点でダンパーを閉め、空気の吸入を抑えれば、薪はゆっくり燃えていくようになります。温度は250度

「習うより慣れろ」とよく言われますが、ご利用のストーブと「対話」をするつもりでつきあってみてください。気温や気圧などの条件で人間同様に毎日違う顔を見せてくれますよ!!

 

1. ダンパーや空気調整レバーなどを開けましょう。

新鮮な空気が燃焼に必要です。
ダンパーや空気調整レバーなどを開ける

2. 丸めた新聞紙を中心に細い薪(よく乾いた燃えやすい物)を円錐形に並べます。

丸めた新聞紙を中心に細い薪(よく乾いた燃えやすい物)を円錐形に並べる,千葉,薪ストーブ

 

うまく円錐形にくめない場合はキャンプファイヤーの要領で並べてもOKです。
円錐形にくめない場合はキャンプファイヤーの要領で並べる

3. 中心においた新聞などに火をつけます。火が落ち着いたら中位の薪を入れましょう。

中心においた新聞などに火をつけ、火が落ち着いたら中位の薪を入れる

 

4. 中位の薪が「おき」になってきたら太い薪を入れて20~30分ほど燃やし続けます。

「おき」になってきたら太い薪,千葉,薪ストーブ

5. ダンパーや空気調整レバーを閉じて温度を調整しましょう。

ダンパーや空気調整レバーなどを開ける

いかがですか?これなら出来そうじゃありませんか?

フランシスで施工したお客様には、取り付け後に時間をかけて焚き付けやメンテナンスの説明をいたします。取り付けてからが、お客様と私たちのお付き合いの始まりです。

薪ストーブお問い合わせ

Google+
google+

Yahoo!ブックマークに登録 フランシススタッフブログ
補助金について
薪ストーブと癒しの関係
計画停電対策
プロの煙突掃除
メディアリンク フランシス
オーナーズクラブ 薪ストーブ フランシス
地震が来たら点検をしましょう。
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引に関する法律

ログイン

このページのTOPへ
Google+Copyright(C)2011 fransis.jp All rights reserved.
このサイトに記載されているコンテンツの無断複製、無断転載を禁じます。