フランシスへのお問い合わせ

商品カテゴリー

薪ストーブの使い方 薪ストーブの燃焼方式について
薪・燃料について
薪ストーブ設置プランと施行について
薪ストーブ・火の付け方
薪ストーブの燃料作成・薪割斧について
薪ストーブでの煙突の重要性
薪ストーブメンテナンスについて
煙突掃除のご案内
薪ストーブ、煙突の交換・リフォームについて
薪ストーブ設置までの流れ
薪ストーブ用語集

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

地震などの災害時には、薪ストーブをどうすればよいのか?

2011年3月11日
岩手県・宮城県・福島県を中心とした、大地震による大きな被害が発生しました。

私たちのお客様にも下記のような事がありました。

・本体の位置がずれた。(数センチ)
・本体がずれたために煙突が傾斜した(シングル煙突)
・スチーマーの水がこぼれてしまったため本体に錆を誘発した。
等がございました。

いずれも煙の漏れや、やけど、火災などの被害につながるものがなく安堵しました。
近隣物件は、すぐに現地に赴き煙突の確認をいたしましたが固定箇所や部材に損害がなく無事稼働が確認できました。

過去起きた阪神大震災でも薪ストーブの転倒などが無く、安全面でも優れていると認識しておりましたが
此度の件で再度安全性に自信が持てたような気がします。


とはいえ、建物がゆがむほどの揺れであることは、間違いないことです。(現に私の家は外壁にクラックが発生しております。)
屋根上などのコーキングが切れていることなども十分に考えられます。
地震や台風などの後には、点検をするようにお願いします。

もし、何かあったときには
不安なこと、疑問な事など遠慮無くご相談くださいませ。
可能な限りの対応をいたします。

 

繰り返しますが、大きな地震の後は、必ず点検をしてください。
見えない煙突囲いの中や屋根上なども必ず点検してください。
ご自身での点検ができない場合は、ご連絡ください。

ぐらっときたら!

・ダンパーがあれば閉める。
・空気を絞る
・周辺にある燃えやすいものを遠ざける

※水をかけたりしないでください。蒸気がやけどの原因や視界をふさぐ危険性があります。また、最悪の場合内部と外部の収縮差により破損することがあります。破損箇所から火が漏れることもあり得るので絶対にやらないでください。

薪ストーブお問い合わせ,千葉,薪ストーブ

Google+
google+

Yahoo!ブックマークに登録 フランシススタッフブログ
補助金について
薪ストーブと癒しの関係
計画停電対策
プロの煙突掃除
メディアリンク フランシス
オーナーズクラブ 薪ストーブ フランシス
地震が来たら点検をしましょう。
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引に関する法律

ログイン

fun to share
このページのTOPへ
Google+Copyright(C)2011 fransis.jp All rights reserved.
このサイトに記載されているコンテンツの無断複製、無断転載を禁じます。