フランシスへのお問い合わせ

商品カテゴリー

薪ストーブの使い方 薪ストーブの燃焼方式について
薪・燃料について
薪ストーブ設置プランと施行について
薪ストーブ・火の付け方
薪ストーブの燃料作成・薪割斧について
薪ストーブでの煙突の重要性
薪ストーブメンテナンスについて
煙突掃除のご案内
薪ストーブ、煙突の交換・リフォームについて
薪ストーブ設置までの流れ
薪ストーブ用語集

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

ア行

アックス Axe あっくす

斧のこと。薪割りには欠かせない道具のひとつ。薪割りようには刃の厚いものを利用し、アックス頭部の重みを利用して割るのがコツ。大き目の薪を割るために使う質量がある大型のものと、焚きつけ用の薪を割るための小型の手斧を用意しておくとベスト。

 

一酸化炭素中毒 いっさんかたんそちゅうどく

不完全燃焼により一酸化炭素が発生して体に障害がでること。
薪ストーブは密閉空間での燃焼であり、排気は外部につながっているため一酸化炭素中毒にはならないと考えられる。
※厳密には中毒ではなく、ヘモグロビンと酸素の結合を阻害ししまうために酸欠状態になることを指す。

 

一次燃焼 いちじねんしょう

主に暖炉・ストーブ内で、薪を燃焼させている状態のこと。この状態では、薪が完全燃焼することは少ない。燃え切れなかった可燃性ガスを集め、空気を混ぜることで再燃焼させるシステムになっていることが多い。

 

鋳物(鋳鉄)いもの

薪ストーブの素材として現在主流。 デザイン製に優れている。 鋼板よりも保温性に優れているが、急激な温度変化に弱い。 ひび割れなどの可能性がある。

 

ウォーミング・シェルフ Warming shelf うぉーみんぐ・しぇるふ

薪ストーブ上部やクッキング・ストーブのグリル脇などにある、小さな棚上の部分。余熱を利用して料理を保温したり、さらに棒状のパーツを用いて手袋などの小物を乾かしたりするのにも使う。

 

ウォール・プロテクター Wall protector うぉーる・ぷろてくたー

室内の壁際に薪ストーブを設置する際には、壁が高温になるのを防ぐために炉台をストーブの背後と壁との間まで延長させるが、この部分のことを指す。おもに炉台と同様の素材でつくられ、耐火れんがや耐火ブロック、カルチャード・ストーンなどが用いられる。

 

エア・カーテン・システム Air curtain system えあ・かーてん・しすてむ

ドアのガラス窓が曇らないよう、ガラスと火の間に空気を循環させる仕組みのこと。煤もつきにくい。

 

エア・コントロール Air control えあ・こんとろーる

薪ストーブに取り入れる空気の量を調節する機能。一般に、着火するときは全開に、ゆっくりと燃やしたいときは絞り、消化するときは閉じる。

 

エア・タイト・ストーブ Air tight stove えあ・たいと・すとーぶ

密閉構造ストーブ。ローディング・ドアが付いており、ドアや窓ガラスなどの継ぎ目にはグラスファイバーなどのガスケットが詰められている。ドアを閉めれば密閉される。密閉されることにより空気の調整が容易なので、少ない燃焼で運転できる。

 

煙道内火災 えんどうないかさい

煙筒内部に大量に付着したタールに引火する煙突内部の火災のこと。十分に乾燥された薪を使用することと、定期的に煙突掃除をすることが大切。

 

煙道火災 えんどうかさい

煙道内火災と同意

 

煙突 えんとつ

薪ストーブから排出された空気を、安全かつ確実に屋外に排出するためになくてはならないもの。ストーブから壁や屋根を貫通してトップまでの間、すべてを指す。適切な排気を行うためには、ストーブの機種にもよるが最低4~6mの垂直な煙突が必要とされる。設置位置、形状、構造により、薪ストーブの燃焼を左右する重要なアイテムである。

 

煙突掃除 えんとつそうじ

薪ストーブを利用する上で欠かせないメンテナンス作業。
ススやタール(クレオソート)などを除去するための作業。
煙突の太さに合わせた用具で清掃する。年に1~2度程度は行う。

 

おき火 おきび

薪ストーブ内で燃焼している薪の炎が安定し、薪が炭化しながら燃える真っ赤な部分のこと。火が完全に安定している状態なので、この状態を保持して継続運転するのがよい。さらに新鮮な空気を送りつづければ火は燃え上がり、逆に空気を遮断すれば、炭が残る。

 

カ行

開放式 かいほうしき

火室に扉がないタイプの薪ストーブの事。別名「暖炉」。炎を直接眺めることができるのが魅力で故障が少ない。ただ、空気の調整はできないので薪の使用量は輻射式ストーブなどに比べると多く必要で、暖房としての能力もそれほど高くはない。

 

火室 かしつ

薪を入れ、火を燃やす場所。炉、燃焼室ともいう。一度に薪をいれられる量を左右するので、この火室の広さによって、暖房性能がある程度決定される。内部に仕切り壁を設けて、燃焼効率を高めたタイプも多い。

 

壁出煙突 かべだしえんとつ

煙突施工の一種。
天井や屋根を貫通できない場合に壁から煙突を出す方法

 

含水率 がんすいりつ

木材の持つ水分の比率のこと。乾燥具合を表すために用いる。

 

含水率計 がんすいりつけい

含水率をデジタルで表示する機器。一つあると便利なのでそろえておきたい。

 

完全燃焼 かんぜんねんしょう

酸素がじゅうぶんで、燃えるべきものがすべて燃え尽くした状態。完全燃焼に近づくほど熱効率が上がる。排気ガスもクリーンになる。

 

ガスケット がすけっと

薪ストーブの機密性をより高めるために、ローディング・ドアの周囲などに取り付けられるグラスファイバーなどでできたロープ状のパッキン。度重なる扉の開け閉めと熱によりだんだん損傷してくるので、定期的な交換が必要。劣化したガスケットは固くなって、密閉できなくなり、やがてちぎれてしまう。

 

間伐材 かんばつざい

森林維持のために伐採される木のこと。木材に加工されずにそのまま放置することがあり、有効な利用として薪にすることは森林保護に繋がるとされている。
※燃焼しても、腐敗しても放出される二酸化炭素は同量と考えられる。

 

グレート Grate ぐれーと

火室内部の灰受けのこと。または、灰を落とす火室底面の火格子のこと。灰にはミネラルなどが含まれていて、庭に撒いて肥料として利用できる。

 

クレオソート Creosote くれおそーと

正確には、ブナ材のタール分が蒸留してできた油状の液体。枕木などの防腐剤として知られている。
煙突内に付着した黒褐色の液体のことを呼ぶ。煙突を詰まらせ、可燃性なので煙道内火災の原因ともなるやっかいな存在だ。スギやヒノキなど針葉樹に多く含まれるタール分が燃焼により蒸留されることで発生する。薪に広葉樹を利用した場合にはクレオソートの発生は比較的少ないとされる。

 

鋼鈑 こうはん

鋳物に次いでポピュラーな、薪ストーブ本体に使われる素材。鋼鈑製の薪ストーブは暖まりやすいが冷めやすくもあるので蓄熱性の高い石材などと組み合わせて使われることも多い。

 

広葉樹 こうようじゅ

面積の広い葉をもつ樹木。比重が大きくヤニの量も少ないため、薪ストーブの薪に適しており、そのほとんどが広葉樹。ナラ、クヌギ、リンゴなど。

 

コンバスター Combustor

セラミック製で、プラチナなどの貴金属で覆われた網目状のパーツ。キャタリティック・コンバスターの略称。通常の燃焼に必要な一定の温度以下で燃焼を促進させるための触媒燃焼装置。その網目を通ると不純物を含んだ煙が高温で燃焼され、煙に含まれるクレオソートや煤などの副産物を浄化する。排気が煙突へ向かう前に、クリーンにする役割を果たしているものだ。


サ行

サーモスタット Thermostat さーもすたっと

暖房器具の温度をコントロールるす装置。薪ストーブでは、バイメタルを利用して、燃焼空気の調節口を開閉させることで自動的に温度調節を行う機種がある。

 

サーモメータ― Thrmometer さーもめーたー

薪ストーブ用の温度計。本体、または煙突に取り付けるタイプがある。

 

シーリング・カラ― Ceiling collar しーりんぐ・からー

煙突を設置する際に、室内の天井に取り付ける目隠しの化粧版。

 

シーリング・ファン Ceiling fan しーりんぐ・ふぁん

天井に取り付ける大型の空気攪拌扇。薪ストーブの暖房効果をアップさせるため、吹き抜け上部など暖気がたまるところへ設置が効果的。
夏は下向き、冬は上向きに回すのが一般的。

 

シングル煙突 しんぐるえんとつ

主に室内で使われる薪ストーブ用の一層構造となっている煙突。断熱性が低いため、排煙が冷えやすいので、煙突にタールが付着しやすいという特徴がある。また、二重煙突に比べて比較的安価。

 

針葉樹 しんようじゅ

針のように細長い葉をもつ樹木。樹脂を多く含み燃えやすく、燃焼中の温度が高いという特徴がある。細かく割り、着火に使う薪として利用するとよい。

 

スチーマー(スティーマー) Steamer すてぃーまー

加湿器のこと。水やアロマオイルなどを入れてストーブ・トップの上に置いて使う。
長時間水を入れておくため錆びないように琺瑯(ほーろー)仕上げなどがおすすめ。

 

ストーブ・トップ Stove top すとーぶとっぷ

薪ストーブ上面の上ぶた、および鍋などを置くことができるプレート部分のこと。

 

ソープ・ストーブ Soap stone そーぷ・すとーぶ

軟質な自然石の一種。平板にカットしてから磨きをかけ、鋳物製薪ストーブのトップや側面として利用される。蓄熱性の高いのが長所。

 

粗朶 そだ

焚きつけ用に使う細い薪屑のこと。薪割りをしたときに飛び散る細い切れ端を捨てずにとっておいて使うことが多い。

 

タ行

タール Tar たーる

薪の燃焼にともなって発生したクレオソートなどの有機ガスが冷やされ液状化したもの。一般には有機物の乾留によって生じる黒色、または褐色の粘液の総称とされている。煙突内部の温度が一定温度以下となるとき、有機ガスはだんだんと液化が始まり、最終的には固い粘液(タール)となって煙突内にこびりつく。これは煙道内火災の原因にもなるので手入れが必要。薪を燃焼させるだけでタールをはがすことができる粉状の専用クリーナーもある。

 

対流式 たいりゅうしき

輻射式ストーブの外側をもう一層、鋳物、鋼鈑、タイルなどで囲み、その間にできる空気層を暖めて対流を起こさせるタイプの薪ストーブ。暖められた空気は、自然対流か電気ファンによって暖気吹き出し口から放出される。本体表面は熱くならないので、安全性が高い。

 

焚き付け たきつけ

着火時に利用する薪。スターターと呼ぶこともある。
主に針葉樹などを細く割いた物がお勧め。
着火剤なども有効

 

珠切り 玉切り たまぎり

原木を薪の長さに切る作業。
チェーンソーなどに長さのガイドをつけると長さをそろえてカットが出来る。

 

ダンパー Damper だんぱー

薪ストーブ本体や煙突に取り付ける、ストーブ内空気の流通調整弁。ダンパーを開けば空気の流れがよくなり燃焼も促進される。閉じると空気が遮断され、小さな火での燃焼が可能になる。

 

暖房性能 だんぼうせいのう

薪ストーブの性能を知るひとつの目安。カタログなどで[㎉/h]で示されているもので、単位時間の中で発散できる熱エネルギー量のこと。

 

チェーンソー Chain saw ちぇーんそー

薪づくりに欠かせない動力ノコギリのこと。電動式とエンジン式があるが、パワーがあるのはエンジン式。エンジン式は混合ガソリンを燃料とする2サイクル・エンジンが大半で、薪割り用には30~50cc程度の排気量の物が使われる。

 

着火剤 ちゃっかざい

焚き火、バーベキューなどでもよく使われる、固形やゼリー状の火つけ剤。水分の多い薪を燃やすときなどは、あると便利。バーベキュー用のものは燃焼時間が短く、薪ストーブ専用のものは着火後30分ほど燃え続ける。

 

鋳鉄 ちゅうてつ

溶かした鉄を流し込んだもの。現在市販されている薪ストーブでは、最もポピュラー。鋳型を使って成型するために凝ったレリーフをつくることができ、高温に強い。鋼鈑製のストーブに比べて暖まるまでの立ち上がりは遅いが、蓄熱性は高い。強い衝撃を与えると割れることがある。


低温炭化 ていおんたんか

木材燃焼温度の45度よりも低い温度で長時間さらされることで炭化してしまうこと。
不燃処理や離隔距離を守らないと危険性が飛躍的に上がる。
最悪の場合火事に繋がる。

 

ドラフト Draft どらふと

薪を焚いたときに煙突内で自然に発生する上昇気流。ドラフトが起こることによりスムーズな排煙が行われ、燃焼効率も上がる。

 

トリベット Trivet とりべっと

ストーブを使って料理をする際に、鍋とストーブ・トップの間に置いて温度調節をするために使う鋳物製の敷物。

 

ナ行

慣らし運転 ならしうんてん

初めて火を入れる薪ストーブは低い温度から徐々に温度をあげることで素材の鉄が熱になれる。
3~4回は繰り返し慣らし運転をする。この作業の有無でストーブの寿命が変わる。


二次燃焼 にじねんしょう

ストーブ内の薪が常に燃焼されることはほとんどない。この燃焼しきれなかった煙に含まれる微粒子やタールなどの不純物を再度燃やすことによって、よりきれいな煙を排出することをさす。燃焼室を仕切り、二次燃焼のための給気を行って再度燃焼させるシステム。触媒を用いて二次燃焼を行う、コンバスター式と区別してこう呼んでいる。別名 リーンバーン、クリーンバーン


二重煙突 にじゅうえんとつ

筒が2重構造となっている煙突。2層の間は空気層、またはセラミック・ウールなどの断熱材が充填されているので、煙突内の結露がなく断熱性や耐久性に優れる。断熱二重煙突は建物に高温の熱を伝えないようにし、安全性に優れるとともに、外気の影響を受けにくく煙突内の温度が下がらないので排煙がスムーズで、内部へのタールの付着を抑えることができる。

 

燃焼能力 ねんしょうのうりょく

暖房性能が、薪ストーブ内で完全燃焼したときに発揮する単位時間あたりの熱量の数値を示しているのに対して、薪が一定時間でどの程度の割合で燃焼するかを示すもの。燃焼効率ともいい、%で表わされる。


ハ行

灰 はい

燃焼後に残る物。これ以上燃えないので不燃材ともいえる。
強アルカリ性なので鉄の酸化を防ぐ効果がある。また、畑などの土壌改良材に利用も出来る。
捨てる場合は十分にさめた状態を確認する。

 

灰受け皿 はいうけざら

火室の下部に設置される灰を受ける皿。トレイ式で引き出すだけで簡単に灰の処理ができる。別名アッシュパン・アッシュトレー

 

バックドラフト backdraft ばっくどらふと

密閉空間で不完全燃焼により酸欠状態のところに一度に大量の酸素を送り込むと爆発的に燃えること。
ストーブの場合はドアを急激に開けたりすると同じような状態になる。
科学的に熱した一酸化炭素に酸素が取り込まれると結びつき二酸化炭素への化学反応が急激にすすみ爆発をひきおこすこと。

 

バックドラフト backdraft ばっくどらふと

薪ストーブ界では煙突を煙が逆流することも指す。

 

バッフル Baffle ばっふる

火室内の空気やガスが煙突に直接行かないように設けられた仕切り壁。炎返しともいう。

 

ヒート・シールド Heat shield

薪ストーブからの熱が室内の床や壁に伝わらないように、本体の背面や底部に設置する耐熱板。装着することで壁や床からの離隔距離を縮めることができる。

 

ファイヤー・スクリーン Fire screen

ローディング・ドアをオープンにして使う場合や、暖炉式のストーブで火室から火の粉などがはぜるのを防ぐ金網。開口部にはめ込むものと、立て掛けて使うものがある。

 

ファイヤ―・ツール Fire tool

火かき棒、薪つかみ、灰をかき出すブラシ、スコップなどがセットになったもの。鉄製のものに真鍮や木などで柄が付いたものが一般的。

 

輻射式 ふくしゃしき

本体から発せられる熱気で部屋全体を暖めるタイプのストーブ。対流式や開放式と区別してこう呼ばれる。素材には蓄熱性の高い鋳鉄が使われることが多い。鋳鉄が発する遠赤外線効果で、より効果的に体を暖められるとされている。

 

輻射熱 ふくしゃねつ

遠赤外線の熱線によって、直接伝わる熱のこと。太陽の自然な暖かさも同様。

 

フラッシング ふらっしんぐ

煙突と屋根の間をふさぐ部材
屋根仕上げ材により、アルミや鉛、ステンレス製がある。

 

ペレット Pellet ぺれっと

おが屑や木屑を固めてつくった粒状のリサイクル燃料。日本ではまだ一般的ではないが、アメリカやヨーロッパなどでは効率よく燃焼させるための電動ファンが付いた、ペレット専用ストーブも売られている。
また、ペレットを作る際には高圧力を必要とするため、薪に比べるとロスがあると言える。

 

ベンチレーション Ventilation

対流式薪ストーブの、対流空気の吹き出しのこと。

 

マ行

薪 まき

薪ストーブの燃料となる木材。
乾燥した広葉樹が適しているが、針葉樹もよく乾燥させることで薪に使うことが出来る。


薪割り機 まきわりき

薪を割るための機械。多くはガソリン・エンジンを搭載した油圧式で、力のない人でも簡単に薪を割ることができる。小型で軽量の電気式の機種もある。

 

薪割り斧 まきわりおの

薪を割るための斧。アックスと同意。

 

ヤ行

屋根だし煙突 やねだしえんとつ

天井や屋根を貫通して煙突を配置する施工方法。排気効率に優れるが雨対策に注意が必要。


余剰空気 よじょうくうき

薪ストーブ内にあって、実際には燃焼には使用されない空気。この余剰空気は多少あっても問題ないが、あまり多いと火室内を冷やし、燃焼を妨げる場合がある。

 

ラ行

ローディング・ドア Loading door ろーでぃんぐ・どあ

薪ストーブの前面、もしくは側面などに付いた開閉式のドアのこと。ここから着火の作業をしたり、薪を足したりする。

 

炉壁 ろかべ

薪ストーブの背面に設置する不燃壁。可燃壁との間に対流可能な空気層が必須。

 

ログ・キャリー Log carrier

薪を運ぶために使う、キャンバス布などでできたバッグ。

 

炉台 ろだい

薪ストーブを設置するための台。壁際に設置する場合は、ウォール・プロテクターと一体となっており、両方を指す場合もある。耐火レンガなどの不燃材でつくられる。

 

ワ行

ワイヤー・ブラシ Wire brush わいやーぶらし

円筒状に形づくられたワイヤー製の煙突掃除用ブラシ。煙突の曲がりにも対応できるように、グラスファイバーや割り竹などつくられた長く柔軟な柄がセットされているのが特徴。柄はジョイント式なので、必要な長さだけを接続して煙突から差し込み、内部の汚れを落とす。ブラシは煙突径に合わせたサイズを選びたい。



Google+
google+

Yahoo!ブックマークに登録 フランシススタッフブログ
補助金について
薪ストーブと癒しの関係
計画停電対策
プロの煙突掃除
メディアリンク フランシス
オーナーズクラブ 薪ストーブ フランシス
地震が来たら点検をしましょう。
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引に関する法律

ログイン

fun to share
このページのTOPへ
Google+Copyright(C)2011 fransis.jp All rights reserved.
このサイトに記載されているコンテンツの無断複製、無断転載を禁じます。